外壁塗装における手抜き工事|

外壁塗装ガンキチ

質問

外壁塗装における手抜き工事とは?

古河市でマイホームを建ててちょうど15年になり、家のメンテナンスとして外壁塗装を行うことにしましたが、同じ時期に建てた周りの家と比較しても、明らかに我が家の外壁のダメージは大きくて、もしかして手抜き工事をされたのかもしれないと思っています。
家を建てる時に、父からあまり何でも安くしてもらおうとすると、安い材料を使用されたり、手抜き工事をされるから気をつけるように言われたことを思い出して、もしそうなら今度は騙されないように、なるべく工事費用が高くなくて、手抜き工事をされない信頼できる塗装業者に依頼したいと思っています。
外壁塗装における手抜き工事とはどのようなものでしょうか?

回答

十分な下地処理をしなかったり、安い塗料を使用するなど

ご指摘の通りに、外壁塗装工事は良く手抜き工事が行われることで有名です。
手抜き工事を防ぐためには、その方法をお客様自体が把握して、そうされないように業者に促していく必要があります。
手抜き工事を行う理由は、工事費用を抑えるためで、足場を簡易なものにしたり、十分な養生をしないで工事を行うこともありますが、こちらは安全性などの問題なので、省かせていただきます。
まずは、使用する塗料を安物にすることは、費用を抑えるにはもっとも簡単なことで、安い塗料は耐用年数も短くなるため、仕上がりも当然イマイチとなります。
外壁の塗替えを行う場合は、下地処理がとても大事なポイントで、高圧洗浄も含めて、下地を丁寧に処理することは、新たに塗装する塗料がキレイに塗れて外壁の密着性を高まるための大事な作業です。
下地処理の有無は素人には判断が難しいので、見積りの時点で作業内容を確認しておきましょう。
その他にも、高品質の塗料を使用しても、希釈や測量がいい加減だったり、塗料を薄くして使用したり、乾燥時間を十分に取らない悪徳業者も実際に存在しています。
当社では手抜き工事は一切行わず、完全自社施工で格安にて外壁塗装を行います。

PageTop